パスタのレシピにもよく登場します

この時期に美味しくなる渡り蟹は、横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。

他にも大阪湾や伊勢湾、有明海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。

食用の蟹の中では特に大型であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、日本各地で食用として重んじられてきました。

様々な食べ方が楽しめる渡り蟹の中でも、茹で蟹や蒸し蟹にして食べる方が多いようですが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

タラバガニを選ぶコツのお話で、選べるなら、オスの方がおいしいのです。

メスの個体は栄養分を卵に消費することが多く、タラバガニならここ、とも言えるおいしい脚肉を食べたければオスおいしいことは明らかです。

念のため、甲羅の真ん中に縦2列で並ぶ突起の数を確認しましょう。

タラバガニの特長として、突起が6つあるはずで、万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。

違う種類を買わないよう用心してください。

日本人の大好きな「蟹」は、定番である脚の身はもちろんのこと、蟹ミソもお取り寄せで美味しく味わいたいものです。

蟹ミソの旨さを味わい尽くせる蟹にも色々ありますが、ここは迷わず毛ガニを購入することをお勧めします。

新鮮な毛ガニのみそは、とろけるような美味しさで有名で、蟹ミソの王道といえる味わいを実感できます。

蟹ミソにほぐした身肉をからめて食べるのも、また美味しいです。

酒好きでもある私には欠かせません。

買ってもいない蟹が突然家に送られてくる、それが最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。

旦那さんや奥さんが注文したのかと思い、代引きでなしくずし的にお金を払ってしまうケースが多いようです。

本来なら支払いを拒むべきなのですが、そこまで高い金額でもないし、蟹は実際目の前にあるので、まあいいやと諦めてそれで済ませてしまう人が多いようです。

カニのお取り寄せを名乗る荷物が突然届いた場合は、本当に家族が注文したのか、よく確かめてから支払いましょう。

料理に蟹を使うとき、蟹の保存状態に合わせた注意点があります。

中でも最もポイントとなることは、蟹が冷凍保存してあった時に、どうやって解凍するかということです。

多くの人々は解凍を早めたいと、水の中に蟹を入れてしまうことがあります。

そうしてしまうと、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。

モクズガニはズガニと呼ばれることがありますが、正式名称はモクズガニの方です。

モクズガニという名前の方が、ご存知の方も多数いらっしゃるでしょう。

これは河川で漁獲されるカニの一つで、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。

また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、実は長めの脚をしています。

特に蟹のお味噌汁であったり、炊き込みご飯であったりといった形で口にされます。

ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。

ほとんどの方は、ズワイガニならまあ、大きければいいという感じで買っているのではないでしょうか。

大きさはもちろん気になりますが、もっと別の点もあると知れば、失敗はしません。

大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。

見た目が立派でも、中身のないかにだったという話は他人事ではありません。

カニのお取り寄せで重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク